Blog

2021.06.24

革の検品 1枚1枚丁寧に行っています

こんにちは。
姫路レザー有限会社スタッフです。

 

革の検品

革が仕上がって来ましたら1枚1枚銀面だけでなく床面もチェックします。

銀面のチェックでは、

先ずご指定のカラーに近くなっているか?

艶の感じはどうか?

張り感は硬すぎないか?柔らかすぎないか?

そして革の表情ですね。

 

例えば当社のアルコベーシックの場合

革の表情を隠さず表現しエイジングを期待した銀面に仕上がっているかをチェックします。

 

先ずカラーです。

顔料仕上げならカラーに気を使う事はほとんど無いのですが、

染料仕上げのため今回のロットは欲しいカラーが出ているか?

ブレていてもその幅は想定内なのか?を、チェックします。

 

そして次は艶です。

トップ(銀面)コーティングのやり方次第で艶出しが決まります。

なのでアルコベーシックの場合はエイジングのために艶を控えているので

艶の出方も確認します。

ここで艶が想定以上に出てしまうとエイジングの度合いが弱くなります。

 

次に硬さ張り感です。

硬くてもダメですし柔らかくてもダメです。

適度な硬さかどうか?いつもの張り感かどうか?を確認します。

 

最後は革の表情です。

顔料べったりで仕上げると革の表情はほとんど見えません。

アルコベーシックはその逆を行く革なので

皺やあざなど適度に感じられるくらいがちょうど良いんです。

それが出ているか?感じられるか?を確認します。

 

床面は革の表情として張り合わせをせずに

そのまま使われる工房様もありますので

軽く通常の状態かどうかをチェックします。

 

このようなチェックをした後に厚みを計測して終了です。

 

 

当社ではオーダーメイドレザーとして工房様のご希望に合わせ半裁5枚からの生産を承ります。
先ずはお気軽にご連絡下さい。
お見積りさせて頂きます。

最後までお読み頂き有難う御座いました。

姫路レザー有限会社 兵庫県姫路市豊富町御蔭585-89 TEL 050-3733-3295 mail info@himeji-leather.co.jp URL  https://himeji-leather.co.jp/(コーポレートサイト) URL  https://arcotannin.com/(オーダーメイドレザー制作)

元記事を読む...